朝起きるのが辛い方必見!朝スッキリ目覚める方法!

仕事や学校で起きなければいけないのに、体が重い。起きるのが辛い。もっと寝ていたい。など、スッキリ起きることができなく朝が苦手な方は多いのではないでしょうか?

朝スッキリ起きることができない6つの原因

朝、スッキリ起きることができないと仕事へのやる気が出なかったり無気力になったり体調不良になりがちだったりいろいろな体の不調が出てきますよね。
まずは、自分自身の日頃の行動を振り返り原因を確認してみましょう。

原因①疲労の蓄積

疲労感が蓄積していると、自律神経が乱れ脳と体が興奮状態になってしまうため、眠りが浅くなったり眠れなくなったりといった症状が現れます。このような状態が続いた場合、朝の目覚めが悪くなる傾向があるので疲労が蓄積しないように自分自身でコントロールするのも大切です。

原因②平日と休日で睡眠時間に差がある

平日は、仕事や学校などで朝起きるのが早いけど、休日は昼過ぎまで寝ているなんてことはありませんか?このような生活を送っている方は平日と休日で極端に睡眠時間の差が生まれるため体内時計のリズムが乱れ、スッキリ起きることができない原因となります。

原因③就寝前に食事または飲酒をしている

寝る直前に食事をしてしまうと体内の臓器が活発になるため、脳が十分に休みことができなくなるため睡眠の質が低下し朝スッキリ起きることができない原因となってしまいます。また、寝る前の飲酒も頻繁に続いてしまうと、眠りが浅くなり目覚めが悪くなる原因となりますので、なるべく控えましょう。

原因④ストレスを溜め込んでいる

ストレス溜め込みは、寝つきが悪くなり睡眠不足になるため、朝スッキリ起きることができなかったり目覚めが悪くなったりします。ストレスを感じやすく溜まりやすい方はまず、ストレスになっている原因を取り除いてあげることが重要です。

原因⑤睡眠時間が短い

普段から極端に睡眠時間が短い場合は、目覚めが悪くなります。夜更かしは体調にも影響してくるので、なるべく早めに眠るのを心がけ睡眠サイクルを正していくのが大切です。最低でも6~7時間は眠るようにしましょう。

原因⑥就寝直前のスマホ

特に多いのが、就寝前のスマホです。スマホはブルーライトが含まれているため睡眠に必要なメラトニンの分泌を妨げます。メラトニンの分泌が妨げられることにより睡眠障害を招く可能性もあるので、朝目覚めが悪くなる原因を作ってしまいます。

朝スッキリ目覚めるための4つの方法

方法①体内時計を整える

体内時計は、太陽を浴びたり朝食を摂ったりすることでリセットされるため、なるべく毎日決まった時間に起きて太陽を浴びる、朝食を摂る、を意識して体内時計をリセットさせましょう。体内時計をリセットすることにより朝の目覚めが良くなりスッキリ起きることができるはずです。

方法②体温にメリハリをつける

私たちは、体温が下がる時に深い眠りにつくことができるので、寝る前にしっかり体を温めて体温を上げることが大切です。体を温めるには就寝1時間前までに入浴をするのがおすすめです。しかし、就寝直前に入浴してしまうと逆に寝つきが悪くなりますので1時間前までに済ましておきましょう。

方法③就寝前に脳をリラックスさせる

私たちの体は、就寝前に副根幹神経が優位になると脳がリラックスし良質な睡眠がとれるようになっています。これが乱れないようにするには、就寝前にスマホを見ない、コーヒーなどに含まれるカフェインを避ける、夕飯は就寝の3時間までに食べることを意識して脳をなるべくリラックスモードにしてあげましょう。

方法④睡眠環境を見直す

お布団やベッドカバーなど、肌触りが良いものに変えたりパジャマを変えてみたりするのもおすすめです。睡眠環境を1つ1つ良いものへ整えていくことにより睡眠を休息として意識をすることができ、良質な睡眠をとることができるので自然と目覚めの悪さも解消していくはずです。

いかがでしたか?
朝、目覚めが悪くスッキリ起きることができないという方は、原因を1つずつ潰していき快適な朝を迎えられるよう改善していきましょう。


@Beauty(アットビューティー)