夏から秋への季節の変わり目のスキンケアこそ手を抜かないで! お肌への影響を徹底解説!

夏から秋にかけて少しずつ気温も下がっていく季節の変わり目。夏よりもお肌への刺激や負担が減り、スキンケアに対し少し気が緩みがちになるのもこの季節です。
しかし、夏場に蓄積された紫外線ダメージの影響は秋に出てくるため、夏が終わっても油断せずに紫外線対策やお肌への保湿を行うことが大切です

秋でも紫外線は継続中

夏に比べて秋の方が紫外線は減少しますが、UV-A派と呼ばれる紫外線は夏に比べると夏以外の9月以降の方が多いと言われています。
UV-A派は波長が長く真皮層まで到達するため、ハリや弾力を生むコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞という細胞を傷つけてしまい、お肌は弾力を失い、シワやたるみに繋がってしまうのです。
また、秋は真上から日差しが降り注ぐ夏とは違い、斜め上から日差しが当たるため日傘や帽子では紫外線をカバーしにくく、真上より斜め上からの方が顔全体に紫外線を受けやすくなります。そのため、顔への影響が大きいので夏が過ぎたからと言って紫外線対策を怠らないようにしましょう。

秋にかけての乾燥肌と敏感肌のリスク

夏が終わりに近づくとエアコン等による室内と室外の寒暖差も徐々になくなっていくので寒暖差で起こる乾燥は減りますが、秋は乾燥シーズンの始まりでもあるため、空気が乾燥していきます。
お肌に蓄積した紫外線ダメージは乾燥と深いかかわりを持つためエアコンの風に頻繁に当たっていたお肌の角質は乾燥によりもろくなっており、更に空気の乾燥によってお肌が乾燥していきます。
乾燥したお肌はとても敏感状態のため、肌トラブルを起こしやすいです。
9月のお肌は夏場に蓄積されたダメージがあるため、とてもデリケートな状態です。お肌への保湿をしっかり行ってあげないと乾燥肌敏感肌へ進行し、秋の紫外線による防御力が弱まってしまうので気を抜かず保湿を行いましょう。

秋の肌トラブルを回避

内側から栄養を摂る

お肌の乾燥には「ビタミン」を内側から取り入れましょう。

そこで、おすすめしたいのが「きのこ」です。きのこはビタミンB群がとても豊富です。ビタミンB群は、お肌や爪、髪の毛などの材料でもあるたんぱく質の効果的な代謝をサポートしてくれる栄養素で、美容に欠かせないお肌の乾燥対策にも役立ちます。

〈ポイント〉

特に乾燥が気になる方は、ビタミンCを多く含む野菜と一緒に摂りましょう。

  • パプリカ
  • ブロッコリー
  • モロヘイヤ
  • かぼちゃ
  • じゃがいも 等

保湿から始まり保湿で終わるスキンケア

夏の紫外線ダメージが残っていると肌トラブルの元!
紫外線ダメージを残さないためにも毎日の保湿ケアで水分と油分のバランスをしっかり調整することが大切です。ここで、保湿ケアを怠ってしまうと、シワ、たるみの原因にありますので保湿ケアは念入りに行いましょう。
紫外線で影響を受けやすいコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの潤い成分をお肌に与えてあげるのもおすすめです。

 


@Beauty(アットビューティー)|まるまる美容液ヒアルロン酸

@Beauty商品ランキング♪|★ベスト10★チェックしてみてね♪