気付いたらガサガサ…かかと美人になる為にできる事!

顔や髪の乾燥対策は、完璧!
ネイルやファッションにも気を配っているけど、ふとした時にガサガサのかかとに気付いて「やばっ…靴脱ぎたくない…」なんて恥ずかしい経験がある方も多いのではないでしょうか?

日頃のケアでどうしても後回しになってしまいがちなフットケアですが、放置していると 見た目が美しくないのはもちろん、匂いの元になってしまうなどトラブルがおこってしまう可能性があります。
ガサガサの原因と、今日から自宅で簡単にできるフットケアの方法をご紹介します。

ガサガサかかとの主な原因とは?

□乾燥
かかとには、皮脂腺がないので、どうしても油分不足になりがち。 そのうえ、冬の時期などは空気の乾燥で、水分不足が加速しやすいです。

□ターンオーバーの乱れ
足の新陳代謝は、120日間とゆっくりペースなので、元々角質が溜まりやすい部位と言えます。加齢や血行不良、ストレスなどの様々な原因によりターンオーバーの乱れが発生した時は、古い角質が剥がれずに蓄積してしまいます。

乾燥が進む→水分が不足→さらに荒れてしまうという悪循環に陥る可能性も。 古い角質は、臭いの元となる菌のエサにもなってしまいますので日々のケアが重要です。

□刺激
立っている時の足裏には、全体重がかかっていて、つま先で3割、かかとで7割程度を支えていると言われています。 また、歩行などで靴との間にさらに摩擦が加わると、刺激が強くなってしまい、その影響で角質が厚くなる原因になります。

□水虫などの雑菌
水虫などの雑菌によってもかかとのガサガサは引き起こされます。 かかとが硬くなり白い粉をふいている場合などは、水虫などの雑菌の可能性があります。
※ケアしても改善しない場合は、皮膚科を受診しましょう。

厚くなってしまった角質を撃退!かかと美人のフットケアとは?

□湯船・フットバス
まずは、角質を柔らかくする必要がありますので、15分ほどを目安に、湯船での浴やフットバスで足を温めて角質を柔らかくしましょう。

□角質処理
お湯で温めて角質が柔らかくなった足をタオルドライしてから、硬くなっているところのみをつま先からかかとに向かって一定方向に優しく、少しずつ削りましょう。 週に3回までぐらいのケアでOKです。
削りすぎはさらに角質が厚くなってしまう事もあるので、注意。痛みがないか確認しながら 行いましょう。

□マッサージ
ボディスクラブで足全体をしっかりマッサージしましょう。
自分の好きな使用感のものや香りも選べるのでリラックスもできますし、臭い対策にも効果的です。

□保湿
ケアの仕上げは一番大切な保湿です。クリームを塗ってしっかり保湿しましょう。 乾燥がひどい場合は、クリームを塗った後、ラップで巻いて浸透させてもOKです。

いかがでしたか?
定期的なフットケアをしっかり行って、ツルツルかかと美人を目指しましょう♪



CIEENA BEAUTE(シエナボーテ)