敏感肌は保湿で解決!肌トラブルを悪化させないための極意

敏感肌ってどんな状態のこと?

敏感肌とよく言われますが、実は敏感肌には明確な定義はありません。化粧品を塗った時や洗顔時に赤みがでたり、ヒリヒリした感覚や肌がつっぱったりするような感覚がある場合は敏感肌と呼ばれています。

敏感肌は、もともとの体質もありますが、ストレスやスキンケア方法が原因となって肌のバリアが弱まり敏感な状態になってしまう場合もあります。

今回は、そんな敏感肌にならないための対策と気を付けたいポイントについてご紹介していきます。

敏感肌の多くは乾燥肌が原因かも?

敏感肌は健康な肌の状態比べ、肌のバリア機能が低下していて皮脂が少なく、乾燥しやすいです。体調やストレス、花粉や空気の乾燥などにも敏感に反応してしまい、肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。アレルギーや生まれつきの体質以外に、肌のバリア機能を低下させて乾燥・敏感肌となってしまう原因は様々。

これらの原因は、いま乾燥・敏感肌でお困りでない方も環境や体調の変化で敏感肌となってしまう可能性もあるかも…?

そんなトラブルを起こさないためのポイントとして、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

肌のバリア機能を低下させる原因
  • 温度や湿度の変化
  • 偏った食生活・暴飲暴食
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 化粧品成分(防腐剤・香料)

敏感肌は、肌の乾燥により刺激を受けやすく敏感に反応してしまうことで引き起こされてしまうことが多く、乾燥は敏感肌の始まりとも言えます。そのため、敏感肌を起こさないためには保湿がとても重要になってきます。

特に、すでに敏感肌になってしまっている方の場合は、外部の刺激に敏感で皮膚トラブルを起こしやすくなっているので、そのような状態のままメイクなどの化粧品を使用すると、余計に悪化させてしまうこともあります。

肌が敏感になっている状態の時は、その時の肌状態にあった化粧品やコスメを選ぶようにすることがとても大切です。

 

敏感肌には正しいスキンケアが重要

  1. 肌を紫外線から守る
  2. 肌を清潔に保つ
  3. 肌にうるおいを与える
  4. 肌の刺激になるものを避ける

[1] 肌を紫外線から守る

バリア機能が低下した肌は、紫外線の影響もとても受けやすい状態になっています。紫外線を浴びることで受ける肌ダメージはシミ、肌のハリ・弾力の低下の原因にも繋がります。

紫外線は夏場だけでなく1年を通して年中降り注いでいるため、特に敏感肌の方は紫外線の強さに合わせて、年中紫外線対策をしておくことをおすすめします。

 

[2]肌を清潔に保つ

毛穴のないきめ細かい美肌を目指すには、肌を清潔に保つことが重要。

バリア機能が低下した敏感肌や乾燥肌の方は、肌への負担が少なくメイクや肌の汚れをきちんと落としながらも、しっかりうるおいを保ってくれるクレンジングや洗顔料を選ぶようにしましょう。

中には、洗浄力の強いものや摩擦の起きやすい拭き取りタイプのものもありますが、敏感肌の方はジェルやクリームタイプのもので必要以上に肌をこすらないように注意しましょう。

 

[3]肌にうるおいを与える

バリア機能が低下した肌は、十分な水分を保持できないために、とても乾燥しやすい状態になっています。洗顔後は必ず化粧水でしっかり乾燥した肌に水分を与え、乳液などの油分を含んだものを重ねて肌水分の蒸発を防いであげるようにしましょう。

また、化粧水・乳液クリームに加えて、保湿と肌に必要な栄養を補ってくれる役割をもつ美容液は、化粧水や乳液では補いきれないうるおいを与えてくれるアイテムなので、スペシャルケアとして使うよりも、肌状態が気になる時には日常的に使うのがおすすめです。

 

[4] 肌の刺激になるものを避ける

敏感肌の状態の時は、できるだけ肌への負担を減らしてあげましょう。状態によっては、コットンを使用したパッティングだけでも赤みが出てくることもあります。

洗顔後は、5分程度でお肌の水分は減少するので洗顔前よりも乾燥してしまします。そうならないためには、洗顔後すぐに水分を補い、敏感肌の状態の時はできるだけ手を使ってパッティングを行うことが大切です。

また、化粧水・乳液はたっぷり使うように心がけましょう。

 


肌荒れやザラついたお肌を滑らかに整える美容液!|まるまる美容液 ハトムギエキス