完全栄養食品と言われている卵の魅力とは?

私たちの身近にある食品の1つである卵ですが、完全栄養食品とも言われており、私たちが生きるために必要な栄養を十分に含んでいる食品の1つなんですよ♪
忙しくてバランスを考える余裕がない時やおかずに悩んだ時など、完全栄養食品の卵が大活躍してくれます!

完全栄養食品!卵の栄養

卵はとっても優秀な食品の1つ!
食物繊維やビタミンC、クロム以外の全ての栄養素を含んでいるほど卵の栄養価は高いです。

レシチン
レシチンに含まれるコリンが注目の栄養素で高コレステロール予防や脳の活性化に効果的と言われています。

メチオニン
必須アミノ酸の1つで体の老廃物や毒素を排出してくれます。

リゾチーム
卵白に含まれていて風邪対策に効果的です。

コラーゲン
豊富なアミノ酸から作られ、美肌効果が期待できます。

ビタミン群
主に黄身部分に豊富に含まれており、健康管理には摂っておきたい栄養素です。

 

卵以外にも完全栄養食品としてあげられる食品は納豆や玄米、バナナ、牛乳などがありますが、食品によって栄養は変わってくるので色々な食材を食べることが理想です。

卵の理想的な調理方法

卵は加熱時間によって栄養成分や効果に違いがあります。

生卵

卵に含まれるビタミン類は水溶性のため加熱にとても弱いです。
ゆで卵や卵焼きなどにすると若干栄養が失われてしまいますので生で食べることで本来の栄養を摂ることができます♪

半熟卵

白身だけが固まり、中の黄身はトロッと美味しい半熟卵ですが、吸収率が97%と一番消化の良い食べ方です♪
胃腸にあまり負担をかけたくない時は半熟卵がおすすめです!

ゆで卵

中の黄身までしっかり火を通すゆで卵は他の食べ方に比べて食べごたえがあり腹持ちも1番です。
ダイエット時にも嬉しい1品として食べられます。細菌の心配もないのでお弁当のおかずにも活用できます♪

 

★ポイント★

半熟卵は1時間半ほどで消化されますが、ゆで卵は約3時間ほどなので半熟卵の2倍消化するのに時間がかかります!
胃腸の調子があまり良くない時は食べ過ぎないように注意しましょう!

卵は1日何個まで??

卵は1日1個まで!なんて聞いたころがあると思いますが、それは昔の話で現在は食事から摂るコレステロールは健康に影響を与えることは少ないとされています。
1日1個以上のゆで卵を食べたからと言って健康な人であればコレステロール値がいきなり高くなることはありませんが、ビタミンCや食物繊維などの栄養が卵には含まれていないので他の食材もバランスよく食べてくださいね!

卵レシピ集♪

しゅわふわとろ♪スフレオムレツ


ふわっふわなオムレツ♪
レシピはこちらから⇒しゅわふわとろ♪スフレオムレツ

絹さやと高野豆腐の卵とじ

ダイエットや美容で大活躍!
レシピはこちらから⇒絹さやと高野豆腐の卵とじ

 


@Beauty(アットビューティー)