紫外線は年中無休!冬でも気をつけたいUVケア

夏に比べて紫外線が強くないし、冬はUV対策しなくても大丈夫!
なんて思っていませんか?答えはNO!油断してしまうと危険信号のお肌になってしまうかも。冬もUV対策が必要な理由と、ケアのポイントについて確認したいと思います。

紫外線の種類と特徴

紫外線は、波長の長さにより分類されていて、人の肌に影響を与えるのは、A波(UV-A)、B波(UV-B)とされていますが、知らなかった!という方も多いと思います。

A波(UV-A)の特徴は、地表に届く紫外線のほとんどを占めていており、肌の奥深くに浸透しシミ・しわ・たるみなど、老化を促進するという事。肌の奥へと侵入しダメージが蓄積していきます。

B波(UV-B)の特徴は、強いエネルギーをもち短期間で肌へのダメージを残す事。火傷の様な真っ赤な日焼けなどを引き起こし、皮膚ガンの原因にもなる事も。

 

冬もUV対策が必要な理由とは?

紫外線は、年中無休で降り注いでいる事はもちろんですが、冬のお肌は、乾燥により肌表面の薄い角質層であるバリア機能の低下を起こしやすい為、紫外線の影響を受けやすくなります。

特にUV-Aは、冬でも夏の2/1程度の紫外線量があり、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質がある為、曇りの日でも、屋内でも注意が必要です。

バリア機能が低下し、UV対策をしていない無防備なお肌に紫外線を浴び続けたら……想像するだけでも恐ろしいですよね。対策のポイントを押さえて今日からすぐにケアをはじめる事をおすすめします。

冬のUV対策のポイントは?

・保湿ケア

しっかりと肌を保湿し、角質層内の保湿成分が不足しない様に、バリア機能を整える事が大切です。
高保湿タイプの化粧水やクリームを利用したり、特に乾燥が気になる日は、パックでケアしましょう。

・日焼け止め

顔や首、手など冬でも露出している部分には、しっかりと日焼け止めを塗る事が大切。しかし、保湿ケアをしていても、ウォータープルーフやUVカット力が強いものを使いすぎると逆にお肌の負担になってしまう場合があるので、注意しましょう。
SPF値が低めで、肌への負担が少ないものをこまめに塗りなおしたり、専用のクレンジングが必要ないスプレータイプを併用をするなどの工夫が必要です。保湿成分が入っている乳液タイプなどもおすすめです。配合成分をよく確認しご自身の肌に合ったものを選ぶと良いでしょう。

・帽子、サングラス、日傘

日中の長時間の外出は、日焼け防止アイテムで対策を。直射日光から守られるだけで肌へのダメージは軽減されます。

年中無休で降り注ぐ紫外線。UV対策は、1年を通して必要です。冬も日々のルーティーンに組み込んで紫外線から肌を守り、いつまでも綺麗な肌でいたいですね。

 


@Beauty(アットビューティー)