お肌も菌活!美肌菌を増やしてつるつる赤ちゃん肌を目指そう!

皆さんは美肌菌という言葉を知っていますか?
私たちのお肌には一兆個以上の菌が生息しており、菌の種類は約800~1000種類と言われています。
これらの菌の中で美肌菌が多ければ多い程お肌の調子は良くなりつるつるお肌を目指せるのです。

美肌菌とは何か

腸内でも生息しているようにお肌にも菌が生息していますが、腸内と同じく善玉菌悪玉菌日和見菌の3種類に分けられ、美肌菌というのは善玉菌のことです。

善玉菌
善玉菌の代表的な菌でもある表皮ブドウ球菌は美肌菌と呼ばれお肌良い影響を与えてくれます。
この表皮ブドウ球菌は皮脂や汗をエサとして脂肪酸とグリセリンを作ります。
脂肪酸は皮脂を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑えてくれるのでお肌をしっとり保ってくれます。

悪玉菌
悪玉菌の代表的な菌でもある黄色ブドウ球菌が増えてしまうと、お肌が炎症を起こしたり皮膚機能低下につながったり、肌荒れやアトピー等の肌トラブルの原因となります。お肌が弱アルカリ性ばかりになると増殖してしまうため注意が必要です。

日和見菌
日和見菌は善玉菌と悪玉菌の量によりどちらか多い方に味方をしますが、日和見菌の代表的な菌でもあるアクネ桿菌は酸素のある環境では生息しませんので酸素が触れない毛穴や皮脂腺に潜んでいます。
アクネ桿菌は毛穴が皮脂で詰まると増殖するためそこから炎症しニキビができてしまいます。

美肌菌を増やしてつるつる赤ちゃん肌に!

お肌に良い影響を与えてくれる美肌菌!どんどん増やしていきたいですよね。
美肌菌は毎日の習慣で増やせます。
では、美肌菌を増やすために気を付けたいことを確認していきましょう。

洗顔料はよく泡立ててソフト洗顔

美肌菌はお肌に生息している菌なので、ゴシゴシ洗ったり熱いお湯で洗ったりしてしまうと剥がれ落ちてしまいます。
洗顔をする際はネットでよく泡立てて手のひらで優しく洗い、最後にぬるま湯ですすぎます。
この時すすぎ残しがあると悪玉菌を増殖させる原因となりますので注意しましょう。
美肌菌を増やすには、悪玉菌となる菌を丁寧に落とすことが大切です。

適度な運動で汗をかく

運動を習慣づけることでお肌の新陳代謝を促し、汗だけではなく皮脂も分泌するため、汗や皮脂をエサにする美肌菌にとっては居心地が良くなり美肌菌を増やす手助けとなります。
ただし、日中にかいた汗はお風呂で洗い流してしまうため、できればお風呂上りに軽くストレッチをするのがおすすめです。適度な運動を習慣化させれば美肌菌は増えお肌の調子も上がってきますのでとにかく習慣化することが大切です。

お肌に水分を与える

お肌が乾燥している状態だとお肌の状態が悪くなり悪玉菌の繁殖や美肌菌の減少につながるので美容液、化粧水、乳液、クリームでとにかくお肌を保湿しましょう。
また、お肌に水分を与えるには内側からの水分補給も大切です。1日1.5ℓ~2ℓ程お水を飲むことも心がけるとよりお肌に潤いがでてきます。

週1でノーメイクの日を作る

クレンジングはメイクを落とすのに必須ですが、美肌菌まで落としてしまいますので、過剰に落とさないよう週に1回はノーメイクの日を作りましょう。
また、ノーメイクの日を1日作ることによってお肌を休めることができるので美肌菌の増殖にもつながります。

 

美肌菌が増えれば自然と肌トラブルも気にならなくなるはず!
菌活で美肌菌を増やし、つるつるな美肌を目指していきましょう♪

 


@Beauty(アットビューティー)