ヘアケアの基本習慣を見直して、美髪を目指そう!

薄毛や、抜け毛の悩みからパサつきに至るまで、髪の悩みはつきないですよね。美しい髪の毛、健康的な頭皮を保つには、特別なケアが必要だと思っていませんか? 実は普段の何気ない習慣が、悩みの原因になっている場合があるのです…。
見直すべきポイントを確認していきましょう。

へアケアの基本とは?

1.ブラッシング
ヘアケアの基本は、洗髪前のブラッシングから始まります。
髪を濡らす前に、ていねいにブラッシングする事で、ほこりや皮脂などが浮いて、汚れが取れやすくなり、髪の絡まりも解消される事により泡立ちも良くなります。クッションブラシや指で優しく解きましょう。
固いコームなどで、力任せにブラッシングしてしまうと頭皮に傷がついてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

2.予洗い
ブラッシングでベースを整えたら、まずは予洗いです。ぬるま湯で、浮いた汚れを落としていく感覚で洗いましょう。3分間ほど、指の腹で優しくマッサージをしながら行うと良いでしょう。

3.シャンプー
適量のシャンプーを手のひらで良く泡立てます。予洗いでほとんどの汚れは落ちていますので、泡で優しくマッサージする様に 洗いましょう。この工程で一番大切なのは、実は濯ぎです。シャンプーの濯ぎ残しは、毛穴のつまりや炎症に繋がりますので、生え際や襟足もしっかりと洗い流しましょう。

意外とやっているNGケア

皆さんは、1日のうちにどのタイミングでシャンプーしていますか。 朝出かける前という方も多いのではないでしょうか。実は、これNGケアです。 シャンプー後は、頭皮を紫外線などの外的刺激から守ってくれる脂が洗い流されてしまいます。

脂が通常の分泌量に戻るには6時間ほどかかるので、お出かけ前にシャンプーしてしまうと、バリア機能のない状態の頭皮に紫外線の刺激を受けることにより抜け毛や薄毛、パサつきのトラブルに繋がりやすくなります。

未来の髪の為に、朝シャンプーの習慣がある方は、就寝前の夜シャンプーに変更しましょう。スタイリングの関係で、どうしても朝に髪を濡らしたい方は、シャンプー剤は使用せず、ぬるま湯で濡らす程度にするのがおすすめです。

オイリーな頭皮・べたつき・パサつきの原因

頭皮がオイリーでお悩みの方は、洗いすぎによる乾燥で皮脂の過剰分泌の可能性があります。朝晩シャンプーしている、必ず2度洗いをしている…実はこれらも、頭皮には刺激になっていますので、控えたほうがベター。 思っている以上に頭皮はデリケートです。

上記のポイントで、気になるところがあった方は、本日からヘアケアルーティーンを 見直して美しい髪の毛、健康的な頭皮を目指しましょう。


CIEENA BEAUTE(シエナボーテ)