バスタオルケアを変えれば、さらに生活が快適に♪

 
 
毎日使用するバスタオル!直接肌に触れるものなので、ふわふわな使い心地がずっと続くのが理想ですよね!

しかし、どうしても使用するうちに生地が固くなりごわつきを感じたり、嫌な臭いが気になってきたり……実は、タオルのケア方法や交換時期の目安などの疑問はありつつ、詳しくはよくわからないという方も多いのでは?

 
 
使用頻度が高ければ劣化は致し方ないですが、バスタオルについての疑問やケアについてお話していきたいと思います。
 

バスタオルの基本ケア

毎日洗う

バスタオルは、お風呂上がりのキレイな体を拭いているから毎日交換しない方もいると思いますが、実は1度の使用でも落としきれていない皮脂や汗、石鹸カスなどで雑菌がどんどん増えていってしまいます。

雑菌が繁殖したバスタオルを使用した場合、皮膚病やニキビ、肌荒れの原因や、嫌な臭いの原因に。毎日洗濯して清潔な状態を保つ様にしましょう。

洗濯時の洗濯物量に注意!

詰め込みすぎると他の洗濯物との摩擦で生地がこすれて劣化を早めてしまいます。洗濯物が多い時は、回数を分けて洗濯槽に余裕を持たせましょう。摩擦防止にネットに入れて洗うのも◎。

柔軟剤を使用しない

柔軟剤は、衣類の香りづけや繊維のコーティングにより肌触りを良くする効果があります。しかし、タオルに関してはデメリットで、吸水力が落ちたり、パイルが抜けやすくなってしまいますので、柔軟剤は使用しない様にしましょう。
 

洗濯完了後は素早く干す

洗濯完了後にしばらく放置してしまうと、臭いが発生しやすくなり、パイルが寝ている状態のまま乾いてしまう場所が出てくる為、ふわふわ感が損なわれてしまいます。
干す時は、上下へ大きくパタパタしてパイルを立たせてあげましょう。
ふわふわの肌触りはパイルが立っている状態なので、干す前のひと手間で、ふわふわが長持ち!

陰干しする

お日様の下で乾かすのが良いイメージがありますが、実はNG。
タオルの繊維はデリケートで、直射日光にさらされると繊維の成分が弱くなりますので、
できるだけ風通しの良い日陰で陰干ししましょう。

バスタオルの交換時期

ホテルなどは、肌ざわりなどを考慮して、交換目安は30回の洗濯。
一般家庭では、回数より期間などで目安を設定すると管理しやすくおすすめ!

私は、半年~1年ほどを目安にしていますが、期間内でも⇒嫌な臭いが取れない・吸水が悪い・生地が固くごわついてきたなど不快感が現れたらすぐ交換しています。
使用を続けてしまうと、健康面や美容面で悪影響がある可能性もありますので、注意!新しいバスタオルを使用し始めたら、次の交換時期を決めておく様にしましょう!

嫌な臭いが取れない:雑菌の繁殖
吸水が悪い・ごわつく:繊維の痛み

今まで、バスタオルのケアをしていなかった!という方は、基本ケアを見直して、交換目安などをチェックしてみて下さいね!クリーンなバスタオルで、快適に過ごしましょう♪


♡体調管理で毎日を快適に♡⇒@Beauty(アットビューティー)